他から移せる納骨堂

ash storage

過疎化の影響もあり、田舎にはお墓を守っていく人がいなくなってしまった。今ある遺骨を東京に移したいが、お墓を新しく建てる費用はない……。
そんな場合にも、納骨堂が役に立ちます。東京にある納骨堂では、どのお墓からでも遺骨を移してくることが可能なのです。
東京では、納骨堂の多くはお寺に属していますが、この施設自体はどのような宗教でもウェルカムという姿勢を持っています。
つまり、どんな地方のどんな宗教の、どんな宗派のお墓であっても、移動してくることが可能だということなのです。
とはいえ、もちろんいくら家族であっても古いお墓から遺骨を勝手に持ち出してきて、移動させるというのは御法度です。持ち出すこともできないし、持ち込むこともできません。あるお墓から持ち出すためには、きちんと自治体の役所に届け出をしなければいけないのです。そして、東京の納骨堂がある市区の役所にも届け出をしましょう。
届け出をしたという証明書を納骨堂に持って行って初めて、納骨堂へと遺骨を移す手続きを始めることができるのです。
ちなみにその場合、ひとつの遺骨ごとに「納骨室」を用意しなければならないのかというと、そういうことはありません。
東京の納骨堂の多くが、遺骨一つだけでなく複数分を一挙に納めることができる「納骨室」を用意してくれています。田舎からご両親の遺骨を移してきて、ゆくゆくは自分も同じ遺骨室に入る、ということも可能になっています。いわゆる「お墓」として使えるようになっているのです。